自転車フレームの素材の特性

自転車のフレームの素材と、その特性

一般的に自転車で使われるフレームの素材は「カーボン」、「アルミ」、「クロモリ」の3つです。
素材ごとの特徴を説明する前に、先ずは自転車のフレームに求められる性能について説明します。

自転車のフレームに最も求められる性能は「軽さ」です。
軽ければ軽いほど加速しやすく、ブレーキは利きやすくなります。
同じ力であれば軽いほど速く、同じ速さであれば軽いほど少ない力で走ることができます。
ですので、スポーツ自転車の世界では、各メーカーとも軽量化を目指して開発が行われています。
そのことを踏まえて、各フレームの特性について説明していきます。

「カーボン」フレームについて

「カーボン」のフレームは、フレーム素材としては最も軽いものとなります。
自転車のレースの世界で使われている素材は、ほぼ全てカーボンだと考えていいでしょう。
軽いだけでなく、ある程度のしなやかさも兼ね備えており、衝撃吸収性にすぐれていることも特徴です。
一方で非常に高価という欠点があります。
他の素材の2倍以上の価格設定がなされていることが多く、オートバイが買えてしまうような価格のものもざらです。

「アルミ」フレームについて

「アルミ」のフレームは、フレーム素材としてはある程度軽く、価格も安く抑えられています。
カーボンほどではないにせよ十分に軽く、それでいてカーボンよりもはるかに安いので、コストパフォーマンスに優れた素材です。
一方で、素材としては固いので衝撃吸収性は低いです。
ただペダルを踏んだ力がフレームに吸収されることもないので、パワーロスは少なくなります。
そのコストパフォーマンスからクロスバイクに多用されている素材で、比較的低価格帯のロードバイクでも使用されています。

「クロモリ」フレームについて

「クロモリ」は非常に重いですが安いです。
その安さからシティサイクル、いわゆるママチャリで多用される素材です。
ただ安いだけでなく、耐久性が非常に高く、しなやかさも併せ持ちます。
衝撃吸収性が高く、耐久性もあるということでマウンテンバイクなどでも利用されます。
一方で、その重さがネックとなり、高速走行をするような自転車で使われることはまずありません。
また錆が出やすいといった欠点もあります。

 

以上、自転車で一般的に使われる素材とその特徴について説明しました。
実際に選ぶときのポイントは、まず目的を明確にしてから、予算に応じて決めるのがいいでしょう。
それぞれの素材の特徴を把握してフレームを選び、皆さんの自転車ライフがより楽しいものになることを願っています。