クロスバイクとロードバイク、違いはどこにある?

最近は街中でもスポーツ自転車が走行していることが珍しくなくなり、スポーツ自転車に乗ることが一時の流行ではなく日常の光景になってきました。
しかし、これからスポーツ自転車に乗りたいと考えている初心者が疑問に思うことが、クロスバイクとロードバイクの違いです。
一見するとハンドルの形状しか違いが無いように見えますが、実は様々な部分で異なっているのです。

クロスバイクの特徴と欠点

まず、クロスバイクとロードバイクは用途が違います。
クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクがクロスオーバーした多様な用途に使える自転車で、ある程度の高速走行や荒れた路面での走行にも耐えられます。タイヤも太く、フラットハンドルを採用していて安定性があることもクロスバイクのメリットです。
一方で、車重が重いために取り回しに苦労することがあり、さらに速度を出しているときの疲労度が高いだけでなく快適性もロードバイクより劣ります。
クロスバイクは、通勤通学や買い物など近場を走る乗り物として利用することに向いているのです。

ロードバイクの特徴と欠点

ロードバイクは舗装された道路を速く走行することに特化した自転車です。
様々なポジションが取れるドロップハンドルを装備し、さらに幅が25mm程度しかないタイヤの細さによって高速域でも安定した走行ができるのです。
自転車自体もカーボン素材を使っていることが多いため非常に軽く、10kg以上の重さになることはまずありません。
分解も容易で、分解した車体を袋に収めて電車などで移動し、移動先で走行する輪行という楽しみ方もあります。
時速30kmを超える速度で走り続けることができ、休憩を挟みながら一日で200km以上の距離を移動することも可能なのがロードバイクなのです。しかし、タイヤの細さゆえに砂利道を走るとすぐにパンクし、さらに慣れないうちは前のめりになる走行姿勢が辛いことなどが欠点です。

クロスバイクに飽きたらロードバイク仕様に変更

クロスバイクに乗っていた人がロードバイクに乗り換えたいと考えたとき、クロスバイクをアレンジしてロードバイク風にすることも可能です。
フラットハンドルをドロップハンドルに交換し、ブレーキキャリパーや変速機もロードバイク用のものに変更すればフレームやホイールはそのままでロードバイクのように走れるようになるのです。

 

クロスバイクとロードバイクは利用用途が異なるため、自分がどんな理由でスポーツ自転車に乗りたいのかによって選ぶ車種が異なります。
双方の違いを知って適切な自転車を選ぶことが大切なのです。