初めてクロスバイクを買う時、一緒に買うべきアイテム

一般的なシティサイクルには標準装備されているはずのアイテムが、クロスバイクには装備されていない場合が多いです。
今回は初めてクロスバイクを買った人が、最初に揃えるべき4つのアイテムを紹介します。

必要な4つのアイテムとは?

まず真っ先に買うべきなのは「鍵」です。
クロスバイクはその軽さが魅力ですが、軽いということは盗難しやすいということでもあります。
シティサイクルで一般的な、前輪や後輪を固定するタイプの鍵では、夜間に担いで盗まれてしまいます。
ですので、地上構造物と繋ぐことの出来る長めのワイヤーロックを揃えましょう。
クロスバイクのタイヤは簡単に外すことができるので、ワイヤーロックは必ずフレームとタイヤと地上構造物をまたぐように固定しましょう。
できればワイヤーロックの他に、U字ロックなどの鍵を併用するのが理想的です。

次に買うべきなのは「ライト」です。
こちらは付けていないと法令違反となるので必須です。
ライトは自己の存在を自動車に知らせる重要な手段です。
命に関わることなので、街灯で明るくても夜間は必ず点灯しましょう。
また、夕方で太陽が逆光になると、自動車からは自転車が見難くなります。
日が沈む前でも、ライトを点滅させるなどした方が安全です。

優先順位は低いけれど、ないと困るのは「スタンド」です。
ロードバイクと違い、日常の足としても使うクロスバイクでは、スタンドがないと困る場面が多々あります。
コンビニを利用する際や、街中の駐輪場を利用する際など、ちょっとした場面であって良かったと実感できるはずです。
また、駐輪時に使うスタンドとは別に「メンテナンススタンド」があると、注油や整備時に便利です。

最後に紹介するのは「泥よけ」です。
こちらは通勤や通学に使う場合は必須です。
雨天時の走行は、想像以上に泥や砂を巻き上げています。
スーツや制服が台無しになってしまうので、必ず装備しましょう。
一方で、完全に趣味でしか乗らず、晴天時にしか運転しないのであれば、泥よけは不要です。
ただしその場合、水溜りを通過しないように細心の注意を払う必要がありますし、急な雨には対応できません。
急な雨に対する備えとして、着脱式の泥よけというものもあります。

楽しい自転車ライフを送りましょう

以上がクロスバイクを買った際に、最初に揃えるべき4つのアイテムです。
とりあえずこれだけ揃えておけば、クロスバイクが届いたその日から快適な自転車ライフを送ることができます。
安全運転に気をつけながら、末永くクロスバイクを楽しんでください。